羽毛布団の寿命を延ばしたい!羽毛布団に適したメンテナンス法

羽毛布団は水鳥の羽を原料にしたものであって、動物の一部から作られていることもあり、耐久があります。適切なメンテナンスを行なえば、長く使い続けることも可能です。 それでは大切な羽毛布団とできるだけ一緒に過ごすにはどうすればよいのでしょうか。羽毛布団の寿命と寿命を延ばすためのメンテナンス法、干し方など日々の注意点を紹介していきます。

この記事は約7分で読み終わります。

羽毛布団の平均寿命は?

羽毛布団の平均寿命は10~15年程度です。耐久性があるため、丁寧に使えば長く利用することができます。

羽毛自体の寿命は30年以上

羽毛布団の寿命はおおむね10~15年ですが、実は素材である羽毛の寿命は30年以上あります。羽毛布団になることで寿命が短くなるのは、汚れや傷みによって羽毛本来の良さが失われてしまうためです。

元々の羽毛の寿命は30年以上あるため、メンテナンス次第では、羽毛布団の平均寿命10~15年を超えて長期間使用することも可能です。

リフォームでお気に入りの羽毛布団を甦らせる

羽毛布団は打ち直し、つまりリフォームによって復活が可能です。羽毛布団の打ち直しとは、中の羽毛を洗浄して、側の生地を取り替えるなどし、さらに長く使用できる状態にすること。使える部分は残したまま、へたりなどの原因になる痛んだ部分は取り替えます。

リフォームによってさらにプラス10年ほど使い続けることが可能です。また、リフォームのメリットは、サイズの変更やボリュームの変更など、より使いやすくする要望にも対応してもらえる可能性があるということ。

羽毛布団の機能が落ちて買い替えを検討している場合は、1つの選択肢としてリフォームの活用も考えてみるのもよいかもしれません。

羽毛布団の打ち直しやリフォームに関してはこちらのページで詳しくご紹介!

この他、カビやダニ対策、濡れた部分の乾燥など日々のメンテナンス次第でお気に入りの羽毛布団を長く使うことが可能です。

濡れた部分のメンテナンス方法の詳細はこちら。

目次へ

羽毛布団を長持ちさせたい!メンテナンス方法を紹介

羽毛布団を長く使い続ける方法として、打ち直し(リフォーム)もありますが、5~10年に1回を目安に行なうもので、頻繁にするメンテナンスではありません。せっかく購入、あるいはリフォームした羽毛布団をできるだけ長く使うには日々のメンテナンスも重要です。

自宅でできる羽毛布団のメンテナンス法を紹介します。

布団カバーを使う

まず羽毛布団をそのままの姿で使うのではなく、布団カバーで覆ってから使用することです。布団カバーは使い心地に影響するだけでなく、直接布団が汚れるのを防ぎます。長く清潔に使うためにもぜひ活用しましょう。

なお、使い続けると布団カバーが汚れて、カバーの汚れがさらに羽毛布団本体に移ってしまうため、こまめに洗うのも忘れずに。

ただ、布団カバーの種類によっては、羽毛布団に静電気が発生する可能性があります。どういった素材のカバーを使用すると静電気が発生しやすいのか、また他にも考えられる静電気の原因、対策について以下のページで詳細をご紹介しています。

羽毛布団の静電気の原因、対策の詳細はこちら。

布団乾燥機を活用する

羽毛布団を長持ちさせたいなら、布団乾燥機はぜひ持っておきたいアイテム。天日干しができないときの乾燥に役立つだけでなく、冬場は布団を温めてくれるため冷え性に悩んでいる人にもおすすめです。

布団乾燥機にはバルーンで乾燥させるタイプだけでなく、温風だけを送る手軽なタイプもあるので、利用状況に合わせて比較・検討してみましょう。

布団を掃除機で清潔にする

布団カバーの利用や洗濯も、羽毛布団を清潔に保つには重要ですが、定期的に掃除機を使って布団のほこりやごみを除去することも大切です。特に安価な羽毛布団は、羽毛ごみが溜まりやすくなっています。

安価なものでなくても、縫い目などはごみが溜まりやすいので、ブラシを使って丁寧に掃除機を掛けましょう。なお、掃除機でのメンテナンスは表面についたダニやダニの糞を取り除くのにも有効です。

羽毛布団のダニのメンテナンスは別ページで詳しく紹介しています。

羽毛布団のダニ対策に関してはこちらのページ!

目次へ

羽毛布団の寿命を長持ちさせる干し方について紹介

羽毛布団の寿命を延ばすには、外的な刺激をできるだけ避けることも大切。長持ちさせるための羽毛布団の普段の干し方も見直してみましょう。

日陰で乾かす

羽毛布団をベランダに干すこともあると思います。そのときに、日が当たったほうが湿気が取れそうと、つい日向においてはいないでしょうか。

日向に干すと、高温になりやすい他、紫外線で羽毛布団が傷んでしまうことがあります。そもそも羽毛布団には湿気が溜まりやすい性質はないため、日向に干さなくても日陰で十分です。除菌を目的とした天日干し(1~2時間程度)を除き、普段外に干す場合は日陰に干すようにしましょう。

下記のページでも羽毛布団の正しい干し方やお手入れ方法をご紹介していますので、ご覧下さい。

羽毛布団の干し方・お手入れ方法に関してはこちらのページ!

湿気の少ない時間に干す

羽毛布団は湿気をためにくいとはいったものの、就寝中の汗で湿気にさらされるため、まったく湿気を含まないわけではありません。湿気はカビや臭いの元になるので、外に干すならしっかり乾燥させることが大切。できるだけ湿気の少ない10時から15時の日中を狙って干すように心がけましょう。

また、収納する際も湿気が少ない場所に収納する必要があります。
収納に関しては下記のページで詳細をご紹介しています。

羽毛布団の収納方法に関してはこちらのページ!

他にも、羽毛布団の臭いが気になるという方は、臭いの原因や対策について下記のページでご紹介しています。

羽毛布団の臭い対策に関してはこちらのページ!

羽毛布団は叩かない

布団を干したらつい癖で布団叩きを使ってしまう人もいるかもしれません。しかし、羽毛布団を叩くのはやめましょう。羽毛が飛び出るなど傷つける原因になるためです。

そもそも、羽毛布団の構造はダニが入りこみにくい構造になっているため、布団の中のダニを取り除く効果もそれほど期待できません。ダニ対策をするなら布団を叩く以外に方法があります。

布団カバーをかけたまま干す

羽毛布団を布団カバーから出して干すのはおすすめしません。理由は、布団カバーから出すことによって羽毛本体を傷つけてしまう可能性があるためです。

布団カバーは、ほこりや汚れから羽毛布団を守るだけでなく、外的な刺激からも羽毛布団を守る働きがあります。紫外線などで羽毛を傷めないためにも、布団カバーをつけたまま干すようにしましょう。

自宅では洗濯しない

自宅で行なう羽毛布団の日々のメンテナンスは、日陰に干して、布団カバーを洗濯するだけで十分です。しかし、汚れるなどして洗濯が必要になる場合もあるでしょう。実際に洗濯することによって、目に見えてきれいな状態になります。

しかし、自宅での羽毛布団の洗濯はおすすめしません。羽毛の油膜が取れることでかさが減るなど、羽毛布団にダメージを与えてしまうためです。また、洗濯後に誤った乾燥方法を取り入れると、羽毛のフワッとした感触がなくなるなどの問題も発生します。

下手に自宅で羽毛布団を洗濯にかけないようにしましょう。どうしても気になるなら、クリーニング業者に依頼する、または表示を確認して布団OKなコインランドリーに持っていくほうが無難です。

湿気に注意してカビを生やさない

紫外線や汚れなど羽毛布団にダメージを与える原因はいくつかありますが、湿気にも注意が必要です。羽毛布団は湿気をためにくいといったものの、高温多湿の場所で保管するなど管理が行き届いていないとカビが発生してしまいます。

カビ対策を十分にとることも大切です。羽毛布団とカビの原因、具体的な対策については別ページで紹介しています。

羽毛布団のカビ対策についてはこちら!

目次へ

まとめ

10~15年と、布団の中では割と寿命の長い羽毛布団も大切に扱わないとすぐに劣化してしまいます。長期間、羽毛布団を使用し続けていくためには、日陰干しや布団カバーの洗濯など日々のメンテナンスに加えて打ち直しなどの計画的なメンテナンスも必要です。

まずは羽毛布団が傷つかないように丁寧に日々のメンテナンスを実施することを心掛けてください。5年、10年と長期間使ってへたれなどが目だってきたら布団の専門店に打ち直しを依頼しましょう。

日々のメンテナンス、打ち直し、両方のメンテナンスを取り入れることによって、羽毛布団の寿命をさらに大きく伸ばすことができます。

大切な羽毛布団は、メンテナンスの積み重ねで守っていきましょう。まずは、ずっと大切に使い続けたい羽毛布団との出合いを、布団専門店である櫻道ふとん店で探してみてはいかがですか。